その他

高須克弥と西原理恵子の関係が深かった!結婚しない理由もかっこいい!

高須克弥、西原理恵子

高須克弥さんと西原理恵子さん、熟年カップルとしてラブラブです。その二人の関係を調べていくと、とても深いところでつながっていることがわかりました。

高須克弥さんと西原理恵子さんの出会いや馴れ初め、現在の関係性やエピソード、結婚しない理由などについても調べました。

一体お二人はどんな風に深くつながった関係なのか、ごらんください。

高須克弥と西原理恵子の出会いは

高須克弥、西原理恵子

高須克弥さんと西原理恵子さんの出会いは18年以上前にさかのぼります。

その当時は、高須克弥さんにもシヅさんという妻がいて、西原理恵子さんにもフリージャーナリストの鴨志田穣さんという旦那さんがいました。

当然恋愛関係が始まったわけではなく、家族ぐるみでのお付き合いです。

出会いのきっかけは西原理恵子のエッセー

西原理恵子さんは、「毎日かあさん」などの作者で、漫画家でエッセイストです。

高須克弥さんと西原理恵子さんの出会いのきっかけは、なんとエッセー。

西原理恵子さんが新潮社の雑誌に「高須クリニックのCMが下品すぎて素敵だ。友達になってやってもいい」と書いたことです。

なかなか凄いですね。しかもそれを見た高須克弥さん、本気かもしれないし、「お友だちになってください。」とお手紙を書いたそう。

なんていうか、お二人とも器が大きいな、と思わせるエピソードです。

高須克弥からの手紙に西原理恵子は

さらに、その高須克弥さんからのお手紙に対して、西原理恵子さんは、「お金も美貌もいらないが、漫画のネタとして高須克弥さんを使わせてほしい」と頼んだのだそうです。

確かに、高須克弥さんの周りでは、いつでも何かが起こっている。漫画のネタにはなりそうだし、面白い漫画になりそうです。(現に「ダーリンは70歳」面白いです。)

このようなファックスでのやり取りを経て、2000年には西原理恵子さんがクリニックを訪れ、初めて対面しました。

高須克弥さんと妻のシヅさん共々、すっかり西原理恵子さんのファンになったそうです。

スポンサーリンク

西原理恵子が高須克弥を尊敬したきっかけは

高須克弥さんに、西原理恵子さんが惚れた理由が、とっても深くて、心に突き刺さったことがよくわかりました。ごらんください。

西原理恵子の夫はアル中でDVも

西原理恵子さんのご主人、鴨志田穣さんは結婚後半年で重度のアル中となり、西原理恵子さんの足元に物を投げつけたり、胸ぐらをつかんで振り回したりすることが日常でした。

逃げ回るだけでも精一杯で、2003年に離婚する頃には、憎しみでいっぱいで、本気で死んでくれ、と思ったそうです。

アル中でDVのご主人から逃げて離婚した西原理恵子さんでしたが、そのご主人、鴨志田さんのがんが再発し、もって年内だと医師に宣告されました。

鴨志田さんは、死ぬ前にもう一度家族で暮らしたいと言ったそうです。しかし、DVの恐怖を思い出した西原理恵子さんは、悩みました。

あの恐怖はそう簡単に忘れられませんでした。

高須克弥が元夫と暮らすことを勧めたわけ

そのときに、高須克弥さんは「もう1度、彼と暮らしてあげなさい」と言ったそうです。さらに、「あなたの膝で見送ってあげなさい」と付け加えました。

なぜ高須克弥さんは西原理恵子さんを苦しめて、やっとの思いで逃げてきた相手の最後を看取るよう勧めてきたのでしょうか。

西原理恵子さんは、鴨志田さんのことを大好きだったのに、アルコール依存症という病気のために、憎むまでになってしましました。

このまま憎しみを持ったまま、お別れするのは、西川理恵子さんにとって後悔が残ると考えたのかもしれません。

「それがあなたのためだから」と高須克弥さんは言ったそうです。これは・・・惚れますね。

高須克弥の言葉で幸せな最期を

西原理恵子、鴨志田譲

高須克弥さんの言葉を受けて、西川理恵子さんは、鴨志田さんに、「アル中が治ったら、一緒にくらしてあげる」と言いました。

すると、本当に鴨志田さんは、自分でアル中を治して、家に帰ってきたそうです。

最期には「毎日家族といるのが楽しい」と、家族との日々を楽しみながら、廃人のようだった鴨志田さんが、本当に普通の人に戻って死んでいったそうです。2007年のことでした。

本当に凄いお話だな、と思いますね。高須克弥さんと西原理恵子さんが深い絆で結ばれていることがとてもよくわかりました。

スポンサーリンク

恋愛関係になったきっかけは

高須克弥、シヅ

2010年に今度は高須克弥さんの妻のシヅさんが亡くなりました。

この時期に母親と愛犬とも死別してしまい、高須克弥さんは抜け殻のような状態になってしまったそうです。

西原理恵子がホテルで高須克弥に拒否されてた

元気がない高須克弥さんを西原理恵子さんは食事に誘ったりして時々会っていました。プラトニックなデートをしていたんですね。

高須克弥さんは、名古屋に自宅があり、東京ではホテル暮らしです。

高須克弥さんが体調が悪くて、そのホテルの部屋に戻ることになり、ついて行った西原理恵子さん。

ホテルの部屋で二人っきりになっても、何もしてこない高須克弥さんに業を煮やし、ボディタッチをしたところ、ピシャっと叩かれて、「そんなつもりはない!」と言われたそう。

怒った西原理恵子は

高須克弥、西原理恵子

西原理恵子さんは、何度もデートした女性を自分からホテルに呼んで、しかもお酒も飲ませて、それ、どういうことなんだ!と頭にきたそうです。

うん、確かにそういう気持ちになるに決まっています。

頭にきただけでは終わらなかったのです。なんと、西原理恵子さんは、足蹴りを入れて、「やらせろよ!おまえ、ころすぞ!」と言ったそうです。

高須克弥さんは、恐怖におののいて、震え上がったそうな。

これ、多分高須克弥さん人生初めての経験なんじゃないですか?女性に欲情されて蹴りを入れられるなんて、めったにあることではありません。

凄いことです。

スポンサーリンク

高須克弥と西原理恵子が結婚しない理由は?

高須克弥さんと西原理恵子さんが結婚しない理由はどんなことなのでしょうか。調べてみると、結婚しない理由もとても純粋なお二人の気持ちが感じられて、かっこいいのです。

結婚しない理由は、純粋に恋を楽しむため

西原理恵子さんは、結婚はあえてしないつもりなのだそう。理由は、家族や姑など、余計なものがついてきたら、好きな気持ちがすり減ってしまうからなのだそう。

結婚することで、生活が発生し、家事や家族の問題が出てきて、恋愛自体を純粋に楽しむことができなくなるのが嫌だ、とはっきりした考えがあるそうです。

ずっと続くわけじゃないこの時を大事に

高須克弥、西原理恵子

一番大事にしているのが、「有限の恋を楽しむ」という感覚を持って恋愛をすることなのだとか。

西原理恵子さんと高須克弥さんもケンカをすることもあったそうなのです。

「僕、そんなに長く生きられるわけじゃないんで、逆算したら時間がもったいないし、僕、君の笑顔が好きなんだから、笑ってくれないかなぁ……」

という高須克弥さんの言葉に、西原理恵子さんはハッとしたそうです。

いつまでもこの時が続くわけではない、「死」は意外と身近にあるかもしれない。

「今」を大事に、大切に過ごす大切さ、純粋に恋愛することの大切さ。このことが結婚をしない理由なのです。

本当にそうですね、有限のこの時と思えば、人間はもっと色々なことを大切にすることができるのかもしれません。

まとめ

高須克弥さんと西原理恵子さんの関係の深さ、結婚しない理由について調べました。

調べれば調べる程に深いところでつながっているお二人、とても純粋に恋愛されていることがとても尊く感じました。

高須克弥さんと西原理恵子さん、とても素敵です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

高須克弥
高須克弥の癌の病院は?治療方法とステージ、手術は?副作用で脱毛も高須克弥さんが先日、全身がんであることを告白しています。 高須克弥さんが、がん治療をしている病院はどこなのでしょうか。 また、治療方...