その他

れいわ(令和)新元号の由来は?出典の万葉集「梅花の歌」の意味も

2019年4月1日11:30すぎに、新元号が令和(れいわreiwa)と管義偉官房長官から発表されました。

実際に「令和」に元号が変わるのは2019年5月1日です。

その令和の出典は万葉集の「梅花(うめのはな)の歌」ということなので、くわしく意味や由来を紐解いて行きたいと思います。

令和・新元号の出典は

新元号・令和の出典は万葉集の「梅花(うめのはな)の歌」です。詳しくみていきましょう。

万葉集とは

万葉集は日本最古の和歌集で西暦700年代後半から800年代後半に作られました。

天皇、貴族から防人など、さまざまな身分の人々が詠んだ歌が収録されていて、4500首中2100首が作者不明となっています。

平成までの元号では中国の古典から考案されていて、今回が始めての日本の古典からの考案だということです。

「梅花(うめのはな)の歌」の意味は

梅花(うめのはな)の歌三十二首の序分から考案された「令和」その本文はというと

初春しよしゆんれいげつにして、気淑きよく風やはらぎ、

梅は鏡前きやうぜんひらき、らん珮後はいごかうかをらす。

こちらは、梅花の歌三十二首の前につけられた序です。

この和歌を詠んだのは、おそらくは山上憶良(やまのうへのおくら)だと言われています。

この内容によると、天平二年正月十三日に大宰府の大伴旅人(おほとものたびと)の邸宅で梅の花を愛でる宴が催されたとか。

とても華やかな宴の席が想像できますね。

このころの梅の花は中国大陸からもたらされた珍しいものでした。

そんな珍しい梅の花を愛でながら、和やかに宴がされる様をあらわしています。

れいわの由来は

新元号「令和」の意味や由来はどういったことでしょうか。

安倍晋三首相の談話で語られた「令和」の意味や由来は、

・人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている

この出典元の「梅花の歌」の和やかな宴の様子、人々が心を寄せ合うということになぞらえたのでしょうか。

・日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継ぎ、日本人がそれぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたいとの願いを込めた

厳しい冬の寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、日本人がそれぞれの花を咲かせる。そのような気持ちが込められているそうです。

また、始めての日本の古典からの出典ということで、日本の国をかなり意識したことが伺えますよね。

元号の決定に参加した有識者は

2019年4月1日9:30より、総理官邸で開かれた「元号に関する懇談会」では、参加した有識者一人一人に意見を聞いたのだそうです。

「元号に関する懇談会」の参加者は、山中伸弥さん、林真理子さん、宮崎緑さん、寺田逸郎さん、榊原定征さん、鎌田薫さん、白石興二郎さん、上田良一さん、大久保好男さんの合計9名でした。

新元号「令和」にみんなの声は

新元号が「令和」に決定して、みんなの反応はどうだったのかまとめてみました。

いろいろな感想がありましたが、みんな「令和」に元号がきまったことを好意的に見ているようですね。