ナノグロウリッチ

ナノグロウリッチの効果は?3つの成分が微粒子化して角質層に浸透

ナノグロウリッチ

イクモアのブランドから新しく発売された「ナノグロウリッチ」。

頭皮に塗ってマッサージするタイプの育毛剤です。

ナノグロウリッチはこんな人におすすめ

・ 授乳中や、ホルモン治療中で育毛のサプリメントは試すことができない。

・ サプリメントと併用して育毛効果を高めたい。

では一体、ナノグロウリッチにはどんな効果が期待できるのでしょうか。

徹底的に調査してみました。

医師監修ブランド【イクモア】の育毛剤♪ ↑初月たったの1,780円お試しOK!↑

ナノグロウリッチは「医薬部外品」。厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が使われてる

ナノグロウリッチ

ナノグロウリッチは、「医薬部外品」です。医薬部外品ってどういうものなの?

すごく気になったので調べてみました。

「医薬部外品」ってなに?

医薬部外品とは、わかりやすく言うと、医薬品の一歩手前というイメージでしょうか?

私の中ではそんな感じがしました。

効果・効能のレベルをわかりやすく表現すると

化粧品  <   医薬部外品(薬用化粧品) <   医薬品

こんな感じですね。

スキンケア用品は「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」の3つのうちどれかに薬事法によって分類される。

当然医薬品が効果・効能については、一番。

その次、2番手が「医薬部外品」ということになります。

化粧品はあくまで緩やかに整えるものですが、具体的にいうとナノグロウリッチなどの「医薬部外品」はどういう位置付けのものなのでしょうか。

「医薬部外品」には、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が使われている

ナノグロウリッチのような「医薬部外品」には、厚生労働省が許可した有効成分が使われています。

厚生労働省が効果・効能を認めたということなんですね・・・。

しかも、有効成分の配合濃度も一定の基準をみたさないと、「医薬部外品」とは認められないんです。

ただし、「医薬品」のように治療が目的ではなく、防止や整える働きを目的としたものが「医薬部外品」です。

ナノグロウリッチの効果は?3つの成分がポイント!

ナノグロウリッチ

ナノグロウリッチの使い方は、1日2回朝晩に頭皮に塗り、マッサージをします。

そうすることで3つの有効成分を頭皮に浸透させます。

その「医薬部外品」として厚生労働省に認められたナノグロウリッチの有効成分をひとつずつみていきましょうか。

ナノグロウリッチの3つの有効成分

センブリエキス 漢方薬の1つとして古来より使用されており、頭皮の巡りとサイクルを積極的にサポート。
酢酸トコフェロール

抗酸化作用による頭皮のエイジングケア効果も期待されるビタミンEの誘導体。
フケやかゆみを防ぎ、発毛促進。

グリチルリチン酸2K お肌のバリアが壊れる原因の1つでもある炎症をしっかり抑え、かゆみを予防する。

これらの成分が、頭皮の血行を促し、フケ・かゆみをおさえ、育毛や頭皮環境を整える効果が期待できるそう。

それぞれの有効成分をひとつずつ詳しくみてみましょう。

センブリエキス

ナノグロウリッチ
センブリエキスの効果・効能

  • 毛根の細胞賦活作用
  • 毛細血管の増強による血行促進作用
  • 育毛作用

頭皮の血行を促進し、代謝を活発化してくれそうですよね。

センブリエキスは、日本独自の代表的な民間薬のひとつで、室町時代末期から薬草として用いられていました。

酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロールは、α―トコフェロールを酢酸エステル化して得られる合成ビタミンEです。

こちらは天然成分ではないんですね。

ビタミンE誘導体、脂溶性の抗酸化成分として、医薬品、化粧品、食品に使用されています。

酢酸トコフェロールの効果・効能は

  • 抗酸化作用で、活性酸素をふせぐ→エイジングケア
  • 血行促進
  • 肌荒れ改善→ふけ、かゆみを防ぐ

酢酸トコフェロールにはは抗酸化作用があり、肌に悪影響を及ぼす活性酸素を防ぎます。

血行促進や肌荒れ改善効果により、くすみ、くまなどを改善する成分なのですね。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは、カンゾウの根茎から抽出して得られるグリチルリチン酸に、カリウムを結合した水溶性のグリチルリチン酸誘導体です。

グリチルリチン酸2Kの効果・効能

  • 抗アレルギー作用
  • 抗炎症作用
  • 刺激緩和作用
  • バリア機能改善作用

グリチルリチン酸2Kには、肌の刺激を抑えて、バリア機能を改善させる働きがあります。

頭皮を健やかに守ってくれそうですね。

ナノグロウリッチの効果はナノ微粒子で角質層まで浸透

ナノグロウリッチ

ナノグロウリッチは、前述のとおり、センブリエキス、酢酸トコフェロール、グリチルリチン酸2Kが一定の基準以上に配合されているわけなのです。

でもそれだけではなくて、ナノグロウリッチは、その3つの有効成分が頭皮の角質層にまで浸透するように加工されています。

ナノウグロウリッチのジェルは超微粒子化されているのです。

「ナノ」と商品名につく通り、ナノグロウリッチのジェル粒子は特殊な技術を使って、超微粒子化されています。

だから成分が頭皮の角質まで浸透するわけです。

さらに角質まで浸透するから、有効成分が長い時間頭皮にとどまってくれるわけです。

頭皮の乾燥を長時間防いでくれて、バリア機能も活発化して血行促進してくれる。

毛髪の成長にはいい影響がありそうですよね。

(※当記事では客観的な基準で情報を集めましたが、効果が約束されるわけではないので、ご了承ください)

ナノグロウリッチの効果・まとめ

ナノグロウリッチに期待される効果について、客観的な情報を集めて調べてみました。

厚生労働省に許可された医薬部外品だから、ナノグロウリッチの効果・効能には期待してしまいますね。

ナノグロウリッチの効果まとめ

・毛根の血行促進による活性化

・抗酸化作用でエイジングケア

・頭皮のバリア機能を高める

頭皮の環境は整えてくれそう。ナノグロウリッチ、期待してしまいますね。

医師監修ブランド【イクモア】の育毛剤♪ ↑初月たったの1,780円お試しOK!↑